サービス概要

私たちは、これまで数多くのIPOをご支援してきたノウハウを活かし、クライアント様にとって最も効率の良いスケジュールやタスクへの対応方法をご提案しております。

AGSのサービス フェーズごとのIPO支援サービス

IPOを達成するためには、主幹事証券会社や監査法人と連携しながら膨大なタスクに対応する必要があります。効果的かつ効率的にIPO準備を進めるためには、IPO全体を俯瞰しながら、後戻りすることがないよう、然るべきタイミングで然るべきタスクに対応することが重要となります。
私たちは、これまで数多くのIPOをご支援してきたノウハウを活かし、クライアント様にとって最も効率の良いスケジュールやタスクへの対応方法をご提案しております。

時期 N-3期以前 N-2期・直前々期 N-1期・直前期 N期・申請期
主なイベント
  • IPOに向けた体制の整備
  • 主幹事証券会社の選定
  • 監査法人の選定
  • 内部管理体制の構築
  • 監査法人の監査
  • 内部管理体制の運用
  • 監査法人の監査
  • 主幹事証券会社の審査
  • 証券取引所の審査
  • 上場承認
  • 株式上場
上場準備項目

IPOに向けた影響度調査

  • IPOに向けた現状課題の抽出
  • 対応方針・スケジュールの報告
  • IPO準備における勘所の共有

IPOに向けた事業計画の作成

  • 外部環境及び内部環境の分析
  • 全社戦略及び事業戦略等の整理
  • 計画策定根拠の整理
  • 損益、資金、人事、投資計画の立案
  • 事業計画書の取りまとめ

資本政策の策定

  • 上場を想定した資本政策表の作成
  • 資産管理会社設立の検討
  • ストック・オプション導入の検討
  • 株式価値算定書の作成

会計制度の整備

  • 月次決算の早期化
  • 金融商品取引法への準拠
  • 連結決算の導入
  • 原価計算制度の導入

労務管理体制の整備

  • 労務DDの実施
  • 就業規則の改訂
  • 人事制度の構築

IPOに向けた体制の整備

  • 組織体制の整備
  • 業務分掌・職務権限の明確化
  • 関係会社や関連当事者取引の整理
  • システムの検討(会計、労務、SFA等)
  • IPOプレイヤーのご紹介

諸規程の整備

  • 各種規程・マニュアルの整備
  • 主要業務フローチャートの整備
  • 整合性チェックと業務フローの改善
  • 諸規程の運用支援

内部監査の整備

  • 監査計画の作成支援
  • 監査チェックリスト、調書、報告書等の作成支援
  • 監査対応の実務支援

予実管理体制の整備

  • 単年度総合予算の策定支援
  • 部門別損益・セグメント別損益の分析
  • 月次連結による予実分析の導入
  • 取締役会報告用フォーマットの整備

議事録・会議体の整備

  • 職務権限に従った取締役会の運営
  • 議事録のレビュー
  • 株主総会招集通知の作成支援
  • 取締役会・株主総会の事務局支援

申請書類(Iの部)の作成支援

  • Iの部の作成支援
  • 注記根拠資料の作成支援
  • 監査法人との窓口対応

申請書類(IIの部)の作成支援

  • IIの部の作成支援
  • JQレポートの作成支援
  • マザーズ各種説明資料の作成支援
  • 証券会社との窓口対応

主幹事証券会社の審査対応

  • 審査ポイントに係るミーティングの開催
  • 想定問答集の作成
  • 回答作成支援・整合性の確認

証券取引所の審査対応

  • 審査ポイントに係るミーティングの開催
  • 想定問答集の作成
  • 回答作成支援・整合性の確認

J-SOX対応支援

  • 全社統制の整備
  • 業務プロセスに係る内部統制の整備
  • 決算財務報告プロセスに係る内部統制の整備
  • IT統制の整備
  • 監査法人との窓口対応

開示体制の整備

  • 四半期決算短信の作成支援
  • 四半期報告書の作成支援
  • 決算短信の作成支援
  • コーポレート・ガバナンス報告書の作成支援
  • 監査法人との窓口対応

AGSのIPO支援業務 IPO支援サービス詳細

IPOに向けた影響度調査

上場に向けて対応すべき項目は、多岐にわたります。このため、まずはクライアント様の現状を客観的に把握し、上場会社としてあるべき経営管理体制とのギャップを認識しながら、対応すべき項目を網羅的に抽出する必要があります。
私たちは、資料の閲覧及びヒアリングを通じて上場準備における課題を抽出し報告致します。また、抽出された課題を含む上場準備タスクの対応スケジュール表を作成致します。

IPOに向けた事業計画の作成

事業計画は、会社の経営管理ツールとしての側面の他に、金融機関対応、資本政策等様々な目的に使用されます。特に上場準備段階においては、主幹事証券会社へのコミットメントの他、上場審査上、経営管理のレベルを測る書面として注目されます。また、上場申請書類のベースとなり、網羅的に内容を深堀りしながら策定する必要があります。
私たちは、経営者様及びご担当者様と連携して、上場審査に耐えうる事業計画の作成をご支援致します。

資本政策の策定

資本政策は、資金調達、上場審査基準の充足、安定株主対策、創業者利潤、インセンティブプラン、事業承継等の多面的な観点から策定する必要あります。また資本政策はやり直しがきかないため、当初の段階で、何度もシミュレーションする必要があります。
私たちは、打ち合わせを重ねながら、クライアント様の理想とする資本政策の策定をご支援致します。また必要な場合には外部専門家と連携して、資本政策の実行もご支援致します。

会計制度の整備

上場の場合、N-2期首(=N-3期末)の決算より監査法人の監査対象となるため、税務会計ではなく、上場会社に適用される会計基準に準じて決算を行う必要があります。またグループ会社が存在する場合には、連結財務諸表を作成する必要があります。
私たちは、必要に応じて監査法人との協議に参加させて頂きながら、会計制度の整備をご支援致します。

諸規程の整備

諸規程は、経営を行う上で重要な決まり事であり、WEBサイトでダウンロードした規程の寄せ集め、市販品や他社規程のコピーでは、十分ではありません。規程の作成にあたっては、下記事項に留意する必要があります。
(1)会社の業務等を網羅し、規程間で整合していること
(2)法令違反がないようにすること
(3)上場会社として必要な仕組みや基準を規定していること
私たちは、クライアント様と協議しながら、上場に必要な諸規程を整備致します。

内部監査の整備

内部監査は、コーポレート・ガバナンスにおける企業経営の自己牽制制度として重要な機能を担います。また内部監査では、関連法令や諸規程に準じて、適切に業務が行われているか、チェックを行います。
私たちは、内部監査の導入及び運用をご支援致します。

予実管理体制の整備

年度予算については、各種項目と整合するよう作成し、月次展開する必要があります。そして、月次展開された年度予算については、実績値との差異分析を行い、毎月の定時取締役会にて、その結果を報告しなければなりません。そのため、月次決算確定後から取締役会開催までの短期間で情報収集・分析が可能な仕様であること、かつ、上場審査で要求される水準の差異分析の粒度に設定されている必要があります。
私たちは、事業成長のために予算実行部門が日常追いかけるべき指標との整合性を考慮しつつ、上記の水準を満たす実効性の高い予算実績差異分析の仕組みの構築をご支援致します。

Iの部の作成

上場申請書類(Iの部)は、財務諸表に関する分野を中心として構成され、上場時には、投資家等第三者に開示される重要な書類となります。また、監査法人による監査証明が必要となります。
私たちは、必要に応じて主幹事証券会社や監査法人との協議に参加させて頂きながら、上場審査や監査法人監査で躓くことのないよう、ポイントを踏まえたⅠの部の作成をご支援致します。

IIの部(JQレポート、マザーズ各種説明資料)の作成

上場申請書類(II部)は、企業や事業の内容、経営管理体制に関する分野を中心として構成され、上場審査の基礎となる重要な書類となります。
私たちは、必要に応じて主幹事証券会社との協議に参加させて頂きながら、上場審査で躓くことのないよう、ポイントを踏まえたⅡの部の作成をご支援致します。

J-SOX対応

上場会社は、事業年度毎に、財務報告に係る内部統制(J-SOX)の整備・運用評価を実施したのち、評価結果を内部統制報告書として取り纏め、金融庁に提出しなければなりません。上場後J-SOXの整備・運用評価を適切に行うために、上場準備会社は遅くとも直前期末までにはJ-SOXに係る文書化を行う必要があります。
私たちは、サンプルや適切なアドバイスをご提供し、J-SOX対応をご支援致します。

主幹事証券会社・証券取引所の審査対応

主幹事証券会社や証券取引所による審査においては、一般的にタイトなスケジュールの中で、数百問にものぼる質問に対応することとなります。通常業務が忙しい中でのタイトな審査対応となることで、各種資料や回答間の不整合等が生じやすくなる恐れがあります。
私たちは、タイトなスケジュールでの進捗管理に関するノウハウをはじめとして、回答上の留意点やアドバイスをご提供致します。また、各種資料や回答間の整合性をチェック致します。

上場準備に関するアドバイザリー業務

上場準備において、多くの経営者様やご担当者様が悩まれる一番の理由は「はじめての上場」だからです。
私たちは、クライアント様のご依頼に応じて下記事項に対応致します。
(1)上場準備に関する直近の動向のご案内
(2)上場準備作業の全体的なスケジュール管理
(3)主幹事証券会社や監査法人など主要プレイヤーの選定や依頼事項へのご対応
(4)どのように主幹事証券会社や監査法人に相談すれば良いのか等の疑問に対する助言や回答案のご提供

ファンド運営・管理

AGSのファンド運営・管理サービスでは、これまでのファンド運営の経験・ノウハウを基に、「CVCファンド等の設立支援」や「ファンドGP業務」、「GP業務の一部アウトソーシング」など、設立から運営、管理業務までをトータルサポート致します。

(サービスメニュー例)

  • ・組合契約書の検討
  • ・設立手続・登記
  • ・ファンド決算
  • ・投資検討先のDD
  • ・財務局対応
  • ・LP対応
  • ・組合員集会対応
  • ・投資委員会運営

AGSのIPO支援業務 ご契約までの流れ

メルマガ登録

各種最新情報をお届けいたします。ぜひお役立てください。

メルマガのご登録はこちらから

お問い合わせ

まずはご相談からでけっこうです。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから
メルマガのご登録はこちらから お問い合わせはこちらから